日本人の英語力は、年々上がっています。しかし、どんなに勉強しても身につきにくく教材が少ないのが日常会話の分野です。ソープオペラと呼ばれるドラマで、効率良くトレーニングしましょう。

世間話は教科書には載っていないフレーズの宝庫

英語力にあまり自信のないことを言いたくて「日常会話程度ならできます」と応えたことはありませんか?確かに、文法や単語の知識が少なくても通用するイメージはあります。しかし、日本人にとって英語での世間話ほど難しいシチュエーションは無いと言われています。

例えば、スーパーの店員と商品の返品について話す場面をイメージしてください。不具合がどこなのかの説明も大切ですが、お店側にとって不都合なお願いですので、場を和ませる会話をすることも大きなポイントになります。

日本語であれば「急いでいてうっかり見落としたのだけれど・・・」など自分の非も認めつつ返品を願い出ることもできます。別れ際にちょっとした冗談を言い、笑顔で終わることもあるでしょう。

しかし、同じ事を英語で言うとなると言葉が詰まってしまうのではないでしょうか。さらにジョークは、国によって笑いのツボが変わることも考えなければなりません。これらは日本でどんなに好成績を修めた人でもぶつかる、カルチャーギャップです。

ソープオペラでのトレーニング方法

教科書では習えない会話力をつけるため、海外ドラマを教材にする方が増えています。なぜ選ばれるのかは下記のような理由です。

・とっさの表現がたくさん盛り込まれている
・会話のペースがネイティブに近い
・訛りのある英語の聞き取り練習になる
・ストーリーやキャラクター設定が分かりやすく、文脈が推測しやすい

おおまかに話の流れや状況が分かっていると、知らない単語ばかりでも何となく内容がわかるものです。始めは早口すぎてほとんど意味が分からないシーンばかりでも、気を落とさず続けてみましょう。次第に耳が慣れ、意味も分かるようになります。

ドラマ作品は好みによって選んでOKですが、オススメはソープオペラというジャンルです。アメリカ版昼ドラで、1話が短い・ストーリーが分かりやすいという点でぴったりです。嫁姑問題・亭主関白の夫に疲れる女性など、日本人にも共感しやすいテーマで、楽しくスキルアップできます。

英語を自在にあつかうには、もちろん文法や単語力が必須です。しかし、それだけを鍛えていては、実際にネイティブスピーカーとあった時困ってしまうでしょう。よりフランクに、思ったままを話したいなら、ドラマを使った学習法をオススメします。

実権を握った亭主の役割をもうちょっと考えて下さい

「亭主関白」という言葉も現代に置いてはあまり聞かなくなりました。

その理由の1つに社会的背景などがあるのではないかとも言われているんです。

男女平等・女性の社会進出・個の尊厳などと言うことがこの亭主関白とい言う言葉をもちいる機会が少なくなっていようです。

皆さんは亭主関白と言うとどのようなイメージをお持ちでしょうか。

元々、その意味合いは「亭主が関白(実権を握った位が上の人)のようだ」というところからきています。

逆に、女性が実権を握っているという場合に置いては「かかあ天下」という言葉があります。

さて、亭主関白と一言で言っても様々な人が居ます。

しかし、全員に当てはまるのではないかというのが「自己中心的とも言える態度」を取るという事でしょう。

自分の考えを中心に置いてそれが実現しスムーズに進んで行かないと納得が出来ない・場合によっては怒りの態度も見せるという人が多いようです。

更には、「口うるさい」などと感じることもあるかもしれません。

料理に対しての厳しさ・家の中の整理整頓について・子育てについて・・・などなどです。

ここで気になった方もいると思いますが「子育ては夫婦で参加するものではないのか」という事。

現代の日本では確かにそのような風潮はみられるのですが、亭主関白と呼ばれる人の中には「子育ては女性の仕事」と捉えている方も多いようです。

家事も妻任せ・子育ても妻任せ。

では亭主関白の役割と言うものはどこにあるのでしょう。

答えから言えば「仕事」です。

仕事をすることで家庭に財をもたらす。

それさえしていれば良いのだという考えのケースが大半のようです。

良くも悪くも初志貫徹で、亭主関白の男性はずっとその態度が変ることは無いという事も多いようではありますがその限りでは有りません。

大きな出来事をキッカケに亭主関白ではなく、積極的に家事をしたり育児参加をするようになるということも。

ただし、それもまた自分自身で考えた結果ですので第三者が「もう少し○○したほうが良いのでは」などという意見に流されることは無いでしょう。

また中には、自分自身は亭主関白だと思っているけれど実はそうではない・・・なんていうケースも。

これは、配偶者が「立てているから」というだけで蓋を開けてみると配偶者のほうが実権を握っていることもあるのです。

こうした賢い立ち回りが出来る配偶者がいるとその家庭は安泰・平和だとも言われています。

亭主関白な人といると疲れるなどと思うかもしれませんが、上手に付き合っているという人もまた多いのです。

亭主関白な男性は嫌われる

「自分が実権を握る」という点は共通しているようですが、それと合わせて「全て理解をしていること・把握をしていること」が前提だという方もいらっしゃるのです。

少し変った例ですと、自分の妻が1日何をしているか把握をしたいというタイプの亭主関白です。

仮に平日などお仕事に出ていても小まめにメールなどをして奥様の行動をチェックしている・・・なんていう男性もいらっしゃるようです。

その中には「1人で買い物などは許さない」「外出は自分とすること」などという風な取り決めをしている人もいるようです。

女性からすると、自分の自由が無い・好きに外にも出られないのかとストレスに感じる人もまたいるようですが、それとは別に「家の中であれば何をしても良いのだから問題はない」と考える人もいらっしゃるようです。

もし、後者のタイプであれば一切窮屈さを感じることはないでしょう。

更に亭主関白のスタイルが子供にも発揮されるという場合も。

基本的には奥様に対して発揮することが大半なのですが、子供にさえも自分の意見を絶対的であるという教育をするという人もいるようです。

この部分に置いては、危惧をされている女性も多いようです。

「子供自身の意見がもてなくなるのではないか」「萎縮してしまうのではないか」という点においては確かにそうかもしれませんね。

ここで、亭主関白な旦那様に反旗を翻すという女性も多いようです。
しかし、中には後で子供にフォローを入れるなどという風に上手く立ち回るという女性もいらっしゃいます。

このほかのケースとしては「本人のみが亭主関白だと思っている」というケース。

言動は一般的な亭主関白の人物像なのですが実質的な決定権はさほど持っていないということです。

本人は亭主関白で自分の意見が通っていると思っている。奥様は奥様で上手に自分のやり方を取り入れているというスタイルですから、ある意味1番理想的な形かもしれませんね。